• HOME »
  • 丸田  巧(まるた たくみ)

塩釉の技法に取り組み
新しい色合いを作り出して来ました。
今後とも、独創的な作品作りに挑戦していきます。

〒839-1401 うきは市浮羽町朝田1133-2

TEL 0943-77-2749 FAX 0943-77-8484

【営業時間】09:00〜18:00(定休日:無休)

【営業設備】現地販売/カード可/窯元見学/陶芸体験/大駐車場

ホームページ http://marutagama.com/

日本各地の民芸陶器は、人々から愛されはぐくまれて、その伝統を守り抜いてきました。一の瀬焼もそのひとつです。うきは市一の瀬では、慶長の頃より400年の間、李朝窯の作調紋様の日本化を表現した作陶が続けられていました。
現在の丸田窯は、初代丸田泰義が宗伝の技法ゆかりの地に築窯し、古唐津の特色を活かした伝統的な民陶の生産を復興させたもの。以来約40年間塩釉の技法に研鑽を重ね、新たな創作活動にも取り組んでまいりました。
丸田窯作品の特長は、素朴な親しみやすい形状と塩釉(しおぐすり)を使った独特の釉調にあるといえます。塩釉(しおぐすり)とは、うわぐすりの代わりに塩を使うこと。素焼きの作品を窯に積み、焼成中に窯の外部より数回にわたり塩を投入すると、塩分が高温の中で反応して硅酸と成り、焼成中の作品の表面に施され一種のガラス状の釉となり、塩釉特有の美しい艶が生まれます。又素地に鉄やマンガン等で施し、色々な色出しを行うこともできます。

丸田 巧 陶歴

九州産業大学芸術学部卒業
◇西日本陶芸美術展 陶芸大賞
◇西日本陶芸美術展 入賞9回 入選12回
◇九州山口陶磁器展 入賞
◇県美術協会会員展受賞3回
◇現代陶芸{めん鉢}大賞展 入賞
◇国際デザイン展 装飾照明「層」
 世界30カ国 1134点中 39点内にエントリー
◇日本伝統工芸展 入選
◇日本陶芸展 入選
◇NHK(2F) ・ アクロス福岡(B2F) 陶壁画制作
◇究真館高校陶壁・個人住宅陶壁画制作その他9件
◇独・メッセベルリン 出展及び実演
◇仏・マルセイユ県議会庁舎 作品展示
 マルセイユ日本総領事館 依頼

福岡県美術協会会員
福岡県陶芸作家協会会員
日本工芸会正会員
春の一ノ瀬焼陶器祭り
開催期間 平成28年5月初旬
開催場所 浮羽町一ノ瀬焼窯元
ご案内 一ノ瀬焼6軒の窯元が自慢の焼物を展示即売いたします。掘り出し物もきっと見つかります。                            お問い合わせは                                  うきは市観光協会 TEL 0943-77-5611   

塩釉刷毛目壺

えんゆうはけめつぼ( H32×W26×D26 )

焼〆釉層文花器

やきしめゆうそうもんかき( H29×W46×D32 )

塩釉四方壺

えんゆうしほうこ( H28×W24×D8 )

塩釉香炉

えんゆうこうろ( H15×W12×D12 )

釉層文深鉢

ゆうそうもんふかばち( H30×W43×D43 )

塩釉花文鶴首壷

えんゆうかもんかくしゅつぼ( H37×W15×D15 )