• HOME »
  • 亀井 楽山(かめい らくざん)

昔ながらの蹴ろくろで成形し
薄造りで綺麗さびの
遠州高取を再現します。

〒811-1132 福岡市早良区石釜1515-1

TEL 092-804-4721 FAX 092-804-4721

【営業時間】08:00〜17:00(定休日:不定)事前にお電話ください。

【営業設備】現地販売/カード不可/窯元見学/大駐車場

高取焼は、元筑前・黒田藩の御用窯として開窯され、また遠州七窯のひとつとして、今日まで伝統を守ってきました。
当窯では高取本来の粘土を使い、昔ながらの蹴ろくろで成形。薄造りで綺麗さびの遠州高取の再現に努め、高取焼に与えられた陶土と七色の釉薬を使い、登り窯にて焼成しています。

亀井 楽山 陶歴

1945 高取焼味楽窯十四代味楽の弟として生る
1961 高取焼味楽窯十四代味楽に師事
1977 大徳寺管長 方谷浩明老師より「楽山」の号名を受ける
福岡市美術展審査員となる
1980 第二十七回日本伝統工芸展 入選
第一回毎日陶芸展 入選
1981 第一回西日本陶芸展 入選(以来連続入選)
九州陶代表作家展出品
1984 第三十一回日本伝統工芸展入選
1986 県美術協会推選
第三十三回日本伝統工芸展入選
1987 第三十四回日本伝統工芸展入選
日本工芸会正会員認定
1992 ビエンナーレ茶道美術公募展入選
福岡市技能優秀者受賞
2001 福岡県優秀技能者賞受賞
2004 第24回西日本陶芸展 県知事賞
第51回日本伝統工芸展 入選
2005 第52回日本伝統工芸展 入選
2008 第55回日本伝統工芸展 入選
2014 卓越技能章(現代の名工)受賞
2015 黄綬褒章授章 入選
第62回日本伝統工芸展 入選
日本工芸会正会員
日本陶磁協会博多支部理事
福岡県美術協会会員
福岡県陶芸作家協会会員
福岡文化連盟会員
未定
開催期間
開催場所
ご案内

高取管耳掛分水指

たかとりくだみみかけわけみずさし ( H15×W15×D10 )

黄釉双魚耳付花入

きぐすりそうぎょみみつきはないれ ( H5×W38×D38 )

高取耳付茶入

たかとりみみつきちゃいれ( H9×W6.5×D6.5)